大阪・天満橋駅すぐ。「レーザー治療」「育毛」形成外科・美容皮膚科・美容外科

ふくずみ形成外科 |美容外科・美容皮膚科・形成外科

院長ブログ
  • home
  • あざ
  • 症例写真です、赤アザ・単純性血管腫のレーザー治療 40歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

症例写真です、赤アザ・単純性血管腫のレーザー治療 40歳代後半の女性 大阪市中央区天満橋 ふくずみ形成外科

あざ/2018.09.28

今回は、赤あざ(単純性血管腫)のレーザー治療について触れて見たいと思います。

患者さんは、40歳代後半の女性の方です。
左頬と左耳の前に、単純性血管腫が認められます。

これまで、未治療の状態で来院されました。

☆治療前 2017年6月16日


                               

☆治療経過 2018年1月13日


当院では、1%エプネフリン無しのキシロカインで局所麻酔の注射を行った後、VビームⅡにて治療を行いました。

一回のVビームⅡ治療を受けて頂いた後の7ヵ月後の写真が2枚目の状態です。

たった一回のレーザー治療でここまで薄くすることが出来ました。

Vビームの照射条件は次の通りです。
①スポットサイズ:φ7mm
②パルス幅:1.5ミリ秒
③出力:12ジュール/平方センチ
④ショット数:25ショット
です。

安全マージンを確保しながらも、初回治療から積極的に強いパワーで照射するようにしております。

日焼けをしている方や、地肌が黒っぽい方はパワーを抑え目に照射しないと大きな水ぶくれが生じて火傷、その後軽い瘢痕になる恐れがございますので、パワー設定には非常に気を使います。

それでは、また!

クリニックのホームページへ飛ぶには、下のURLをクリックして下さい。
(医)美咲会 ふくずみ形成外科 
http://www.fukuzumi.jp/
copyright(C) Fukuzumi all rights reserved.